前撮りビデオはパートナーの紹介映像

  • ブックマーク

前撮りビデオとは

披露宴の最中に、お色直しのため新婦が一時退席した後に流される、予め撮影編集しておいた10分程度のビデオのことです。写真のスライドショーと字幕で見せることも可能ですが、動画の方が音声も入るのでやはり見応えがあります。

前撮りビデオの内容は様々です。例えば、新郎新婦の勤めている会社の様子や上司や同僚のインタビュー、打ち込んでいる仕事の内容や今までの実績の紹介、二人が出会った場所やデートをした思い出の場所、プロポーズの再現、料理やサーフィンなどお互いの趣味、共通の趣味の紹介、結婚後に住む新居の紹介などなどです。

前撮りビデオ作成には気を使います。新郎新婦のリクエストの中には時には無茶ぶりに思える企画もありますし、ストーリー性を持たせることができる内容か判断しづらいものや、オチや締めが演出できるのか?など実際やってみないとどんな仕上がりになるかわからないことが多いのです。

以前あったトラブルの話

ご依頼では自分達の趣味を紹介してほしいとのことでした。新婦の趣味はフラダンスとフラフープ、新郎の趣味は魚釣りでした。ロケ地は伊豆大島にしました。遠くに海を臨む見晴らしのいい丘の上で、アイランドドレスに身を包んだ新婦のフラは見事でした。ハワイアンミュージックに合わせたしなやかな手の動きはまるでハワイの波のようでした。フラフープはGoProをフープに固定して撮影しました。夕陽をバックに幻想的な映像を撮影することができました。

トラブルは新郎に発生しました。持参した釣竿を片手に磯釣りに挑戦しますがなかなか釣れません。そしてついに一匹の魚も釣り上げることなくロケは終了しました。どうする?どうする?明日もう一回チャレンジする?と迷いました。結果、追加撮影はなし、ストーリーを工夫することにしました。釣りに来たけど釣れなくて、でも家族に恥ずかしいので魚屋で魚を買ってクーラーボックスに入れて帰り釣れたように見せかけるというサザエさん的コミカルな動画として編集しました。大漁じゃなかったのは残念けどこれはこれで楽しい動画として完成しました。

披露宴では皆食い入るように画面を見ておられ、どちらの動画も好評でした。私も胸を撫で下ろす気持ちでした。

前撮りビデオのいいところ

前撮りビデオのいいところは、自分のことをアピールできること以外にもあります。例えば友達の視点で見た場合、自分の大切な友達の生涯のパートナーの人となりを知ることができるのです。魚が釣れなかったとしてもいい彼だとわかれば安心してもらうことができると思うのです。

この記事を書いた人

アバター

キム・スンヨン